2007年08月17日

悪友。

もう八月も半ばを過ぎ、夏の暑さも手加減無し。
あまりに暑いのでパンツ一丁でパソコンの前に座り
窓を全開にし、扇風機で冷却。
片手に1リットルの紙パックのお茶。
今日はカフェインを摂取し過ぎた為、目が冴えて寝れん。。


少し遅くなったが、悲しい知らせが。

作詞家の阿久悠さんが死去 70歳 今月の1日の事。
知らない人は居ない。
名前は知らずとも、作品は知っている筈。
数々のヒット曲を生んだこのお方、 哀感あふれる演歌からコミカルなポップスまで幅広く手がけた。「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)、「北の宿から」(都はるみ)、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「UFO」(ピンク・レディー)といった日本レコード大賞受賞曲など、生涯に作詞した曲は5千曲に及ぶ。
前に日記で、和田アキ子の『夏の夜のサンバ』を聞きながら、と書いたのだが
この曲も阿久氏。
最近の歌謡曲は良くわからん。

この曲も阿久氏。
http://www.youtube.com/watch?v=9gui-Sg1_xQ


posted by マスター at 02:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽

2007年07月31日

鰻谷の鰻とジャマイカのおじい。

200707301639000.jpg

狂は、今日は鰻の日。
今年も夏を乗り切る為に、斜め向かいにある、『いづもや』さんへ。
鰻を食す。肝吸い付き。
二階に通されて、BGMはエアコンの動くブーーーンと言う音のみ。
客は一人。
こういうのが良い。
座敷に一人鰻を食した。
これで夏も乗り切れる。

ジャマイカでは鰻を食すのか?
世界中で鰻を食す人種はどれくらい居るのか?
たしかベトナム人は食す筈。。


stranger_standing.jpg

ジャマイカのおじいのシンガー、歌い手が大阪はクアトロに来た。
土用の丑の日に。
ストレンジャー・コール。1940 年生まれ。
http://www.rock-a-shacka.com/
仕事を抜け出し、クアトロへ。
登場。鳥肌。
陽気なおじい。ほんとに楽しそうに歌い、踊り、喋る。
元気なおじいは自分が一番楽しんでいる様に見えた。
きっと国に帰って日本の話を嬉しそうに話すのだろう。
『あの島国はクレイジーだったよ。鰻食うんだってよ、おどろいたね。』

はるか遠いジャマイカという島国から届けられる音楽は
ほんとに幸せな緩い、暖かい空気を運んでくる。
夏気分♪

でこのおじいは鰻を食したのか?
posted by マスター at 04:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽