2010年07月19日

エレクトーン。

先日久しぶりにTUCKERのライブ見た。@ラガチャンネル
やっぱカッコイイわ。
みんな見て欲しいわ。

posted by マスター at 19:42| 音楽

2010年06月26日

国際的なオッサンなのにボーイズ。

2yangのブログから。

強烈な愛情があるからこそのオチョクリ

国際ボーイズ 音源出ます

音楽や物語を、順を追って「線」で楽しみたいヒトには向きません




      「点」




の強度とVIVIDさしか眼中にありません

情緒なんかは度外視です

情緒の変わり目の真空だけが真実です

Sex Pistols かもしれません

ボーッと待っててください



待ってた。ぼさっと。
音源に何を求めてるのかってのは愚。
確かにここに或る現実の断片でしかない。
しかし断片は今尚継続されておるムーブメントであり、どこかでまた奇跡的なグルーブを生み出している。
だから採集するのではなく体験せよ。
そこに或る温度はCDの中には無い。理解されたがりの若い連中にこそ聞いて欲しい。
CDってのは入り口で、数或る扉の中の1つ。
ここにまた1つ魔境への扉が…。
ナンツッテ。

ボタで絶賛発売中って事で。
販売促進用のコメントも寄せさせて貰ってま。
カレー屋またしても場違い。

1520317436_73.jpg

posted by マスター at 00:59| 音楽

2010年05月21日

シタールとタブラ。

仲の良いシタール奏者『石濱タダオ』がCDをリリース。タブラ奏者アリーフと。
タダオと横沢でお馴染み。
初音源はインドのレーベルから、笑。
と言う事は輸入版、笑。
なんとCDケースはDVD用。
ヘロヘロの黒いケースがインド。
ほぼインド人な生活をしている彼は、色々オモロい事を教えてくれる。
服のセンスに突っ込みどころ満載の彼のCDは要チェック。
カレーのお供にいかが?
http://tadao.jugem.jp/

101794472.jpg

ボタにて、試聴可。

¥1800−




posted by マスター at 23:29| 音楽

2009年06月15日

夜な夜な。

木曜日のスチャダラに始まり、本日まで夜の徘徊。パトロール。
今週末、大阪市内は平和でした。
金曜日、チャリを漕ぎ漕ぎシャングリラへ。山本精一さんバンドとキセルがライブしておるとの事。
滑り込みで山本さんに間に合う。後、キセル。
木曜に続きneco眠るの森君に遭遇、談笑。
オールタイチ君に無事フライヤーを渡し、談笑。
エマーソンさんにCDを託され、ボタにて販売する事に。余談だが、エマさんはガスボーイズのMIXをしていた事が発覚。
『sakana』1990〜1991年の間にリリースした、4アルバムを4枚組のCDとして一つのパッケージに纏め、[initial work collection1990〜1991]
と云うタイトルで再発売との事。¥3000。ステッカー付き。
友人にCDを借り聞いた事はあったが、その時とは随分イメージが違う。
インディーズのへんてこな音楽とか音響系とかアヴァンギャルドっぽい感じが好きなあなたにお勧め。フアナ・モリーナが頭に浮かんだのは気のせい?

sakana.jpg

土曜日、周遊。
まずサウンドチャンネル。スーパーヘイズに間に合い、ピッキーズ、BUNBUNさんを見てカリエンテ。
ドラベのYODAさん主催、BITTER SWEETへ。久しぶりの人や、いつも会う人と談笑。
後、King'sToneLoungeへ。TOUCH THE SKY久しぶりで楽しく過ごし帰宅。
梯子酒。

で、今日ストンプへ。TATSUMI AKIRA and the LIMES。
と、夜の徘徊。
遊びも仕事か?
posted by マスター at 03:21| 音楽

2009年05月01日

音楽三昧。

いやいや、相変わらずの音楽まみれ。
まずは先週末、招待者のみマルタンマルジェラにて大橋トリオ
勝手にジャズを演奏する三人組、しかもおっさんを想像していた愚。
マルジェラの友人にCDを借りてはて?歌もの。
CDを聞いても尚、三人組と疑わぬME。
マルジェラにてビツクリ!大橋トリオは何と個人名、しかも私よりヤング。
何故にカレー屋、マルジェラさんにご招待なぞされるのか?ただ個人的に仲が良いだけの事。
ああいう所謂ハイブランドとは無縁な小生、こんな事が無い限りなかなか行かぬが
こんな時こそ、張り切って出かける性分だったりするもんで、少々のお洒落を施し
大橋トリオ氏を見に行って来た。
農林会館の古い建物に、マルジェラの演出とあって特別な雰囲気がするのも良い。
服屋なので少々見づらかったものの、お洒落な心地の良い時間を満喫。
大橋トリオ、歌ウマイ。当たり前だのクラッカー。
晴れた日に、海に向かう天気の良い昼下がりにってな感じの爽やかな曲。
私1人、七輪でスルメ、パチパチ薄い焼酎の水割りを飲むのには適してはいないが
たまにはこんな爽やかなミュージックも必要かと。
マルジェラさんありがとうございました!

そして昨日、店を休んでまでの出店SPRING FIELDS09。
今回はdigmeoutさんのお誘い。
普段の生活からすると大分早起きしての出店。
天気も良く緑に囲まれ健康的。ボタスタッフ全員集合。
外の昼間のイベントは気持ちがよい!昼過ぎからのビールですでにほろ酔いでイベントスタート。

2009042911510000.jpg

開場と共にお客さん続々と。

2009042915440000.jpg

こんなとこで炊飯。

2009042911010000.jpg

持って行ったカレー全部完売。良い音楽に、良いロケーション、満喫。
早起きと、昼のビールと、太陽にやられヘトヘトでこの日九時には泥の様に睡眠。
関係者の皆さんおつカリー。
ここにも当日の様子が。
http://repoblog.buttah.net/
http://blog.rhythm04.net/
posted by マスター at 03:14| 音楽

2009年04月10日

発売。

Ailie & 7Heroes mini album "Roots" Release!!
ボタに届いた〜。
サンプルをヘビーローテーションでかけてたけど、ちゃんとしたパッケージで
頂きまして更に蛇路、ヘビロな日々。
お客さんからも、今かかってる曲は誰ですか?なんて聞かれたりして、勝手に嬉しく思ったり。
メンバーみんな知ってて、同じ場所で遊んで、お世話になって、ボタのお客さんでもあって、
曲作りしてる時から知ってて、その合間にカレー食べに来たりしてくれたり、何かと発売まで
ずーっと見てた感じがしてるので特別な思い入れがあるCD。
100点満点はほんとに良い曲だと再確認。知らない人みんなに聞いて欲しいと願う。
このジャケ見かけたら購入すべし!
リリースパーテーはお馴染みサウンドチャンネルで今月18日(土曜日)。

aile.jpg
posted by マスター at 03:38| 音楽

2008年12月25日

先日の宴。

宴ですな。
酔うてました、大人達。熊本からのゲストペインターGOAもビツクリ??
今日、ボタに来店GOA。1人は同い年、1人は1個下で何だか親近感。
頑張って行きましょう、九州、同世代。
ほんで、ゲストライブ、未来世紀メキシコ
おふざけな名前とは裏腹、格好良かったライブ。痺れたね。
是非今度、ボタイベントに!ってな感じで勝手にテンション上がる。
色んな人居るね、日本。

ボタ提灯。
200812222301000.jpg


こんな感じで、まずはスタッフ、出演者がカリーを食らう。
200812222300000.jpg

BATTA-MON (Batta & Kamon etc..)
200812230201000.jpg


帰宅は七時。
posted by マスター at 02:31| 音楽

2008年10月23日

カレーに合う音楽。

これは、如何なる物か?
はてさて困った。シタールが入ってタブラーが入っててのが必ずしもカレーに合うとは限らない。
印度の音楽をイコールにしてしまったら面白みが無い。
例えばビルマの音楽であったり、コロンビアのクンビアであったり、ムード歌謡であったり、ダブであったり…。
毎日、店にて音楽を聴いている身なので是非ともカレーに合う音楽はこれだ!って
見つけたいものだ。と思いながら6年が経った。
ボタに有るCD群は、多少なりともカレーに合うエッセンスが入っておると思う。勝手に、自分の中で。
その中でも、一番カレーなCDはと言われるとやはりまだ困ってしまう。
これは課題だ。死ぬまでにやらなくてはならぬ課題。人生において人は何かをやり遂げる。やり遂げようと頑張る。
今、僕の人生の課題が決まった。一生背負って立つのであろう。つらいときも楽しいときも僕は、カレーに合う音楽の事が頭から離れないのだろう。
例えば、ニップレスバーに行こうが、立葉温泉のサウナに入って汗を流そうが、
デビルワールドに夢中になろうが、ブックオフにて極道包丁の2巻を探していようが、
容赦なく僕に襲いかかるのであろう、『カレーに合う音楽とは』という呪縛。
何も悪い事はしていない、していない事は無いが何故にこんなに苦しい呪縛を背負って生きて行かねばならぬか。
そうかあの時、駄菓子屋からどんぐり飴を万引きしたからか?
それとも雨に濡れた子猫を連れて行かなかったからか?
もしかしたら、コーラの瓶に蛙の卵をぎっしり詰め込んで遊んでたのが悪かったのか?
一体原因は何?どうしたらこの呪縛は解けるのか?
あの駄菓子屋にそっとどんぐり飴を返し、雨に濡れた猫を見つけ次第保護し、
蛙の産卵を見守り、オタマジャクシに足が生えるのをキャッキャ言いながら見届け、
ぴょんぴょん跳ねる蛙達を清流に放してやれば良いのか?
わからん。わからんが自分ができる事すべてでこの呪縛を解こう。
この呪縛が解けた時、僕、私は本物のカレー屋になれるのであろう。
よーし、かかって来い相手をしてやらー。カレーに合う音楽と言う悪魔め。
勝って最高のカレーを食べる為の最高のBGMをすべてのカレーファンの為に教えて回ろうではないか!

なんて、阿呆な事をずらずら書いてしもうたが、結局今日CD買ったよって書こうと思ってただけ。

そう、今日CD買ったよ、2枚。

で、印度が、シタールがタブラーがとか冒頭で書いたにもかかわらず今日買った2枚はこんな感じ。

1枚目。
アヌーシュカ・シャンカール&カーシュ・カーレイ。 仲の良いシタール奏者からお勧めしてもらった1枚。
ラビィの娘さんよ、別嬪さん。 もち、シタールの音色が心地よい1枚。ムフっ。

2枚目。
もう1枚は段ボールに詰め込まれた、50%offの中から。『BOOLYWOOD DUETS』。1949〜1959編。
600えんくらいで購入。

今回は印度を2枚購入。ボタにて試聴可。

やっぱりカレーには印度生まれの音楽が一番合うのでは??ナンツッテ。

posted by マスター at 02:10| 音楽

2008年08月20日

最近のお気に入り。

カレー屋的お勧めCD。
最近買うCD買うCD当たりが多い。日頃の行いが良いのか?
だから皆さんにお裾分け。
1枚目。
Earl Rodney『Friends & Countrymen』
 
エム・レコード、スティール・パン・シリーズの1枚。
このエム・レコードは大阪を拠点に活動するレコード・レーベルなのだが、いちいち気になる音源をリリースしてくれる。
もう我が家のCD棚に何枚ある事か??ブレンダ・レイも良かったなー。
どこか日本を感じさせる曲なんか、グッと来たもんねー。何曲目だったっけな?
話は戻ってアール・ロドニー。スチールパン奏者のCDはある程度の予測が出来るのだが、(なんちゃって知ったかぶり率80%)
その予測を遥かに超える極めてディープなアフロファンクな仕上がりになっておる。
キャー、カッコイイ。痺れるー。
なんて1人ご満悦。スチールパンの音色がこの季節気持ち良い。
ジャケからもかなりのエネルギー感じる1枚。
スティール・パン・ミュージックに変革をもたらしたアフロルーツ精神爆発の革命的名盤だそうよ。

00092.jpg


そしてもう1枚。
Ramiro Musotto『Civilizacao & Barbarye』

ビリンバウ(ブラジルの格闘技「カポエイラ」のお囃子に使われる弦楽器)を操る現代最高峰のアーティスト。
もう言う事無し。ビリンバウの響きに持ってかれる夏の日の午後。
ワールドミュージック好きな人は、買うべき1枚。
アルゼンチン生まれのブラジル・バイーア育ち、ブラジル新世代ビリンバウ奏者って肩書きだけでファンになっちゃうもんね。

LAL056_gr.jpg


お金余って仕様がない人、どっかで見かけたら買ってみたら?
ボタにて試聴可。

こうやって、なかなか旅行に行けぬカリー屋は世界旅行を楽しんでおる訳で
ニューヨーク経由でトリニダード行って、アルゼンチン、ブラジルと南米、カリブを
良い音楽と共に旅行中。
そして、ふと気付く。
この2枚のCDは、9月12日に@nooで行われるボタイベントの内容とリンクしてるではないか!!フハッ。
日本を代表するスチールパン奏者と言えば、土生"TICO"剛(Little Tempo)。
生でロドニー聞けなくとも土生"TICO"剛はnoonで聞ける。
生でハミロ・ムソット聞けなくともcapoeira-westで、ブラジルの空気を味わえる。
うーん何て素敵なイベントだon the beach
もうじきフライヤーが出来る。
ちと遅くなってしまったが、こちらもかなりの出来が期待される。ムフフ。
って、最終的に告知。
お待ちしておりま。
posted by マスター at 20:22| 音楽

2008年08月17日

こりゃたまらん。

CD頂きました。ありがとうございます。
こんなジャケットずるい。
あの原哲生でっせ、兄貴。似てる似てないは別として書き下ろしイラストなんて。素敵。
カレー屋にも書いてくれないだろうか。。
しかも金ピカ印刷と来ればもう、ほら、奥さん、あれですよ。家宝?
と、言ふ訳でお洒落なカフェボタさんにて谷村新司が流れとりま。
いや、良いんだこれが。しっくり来るのよ長屋に。焼酎進みますな。
「遠くで汽笛を聞きながら」って曲が良い歌なのよ。
ボタにて試聴可。

22257.jpg
posted by マスター at 04:13| 音楽

2008年07月27日

Rodrigo y Gabriela。

ロドリーゴ イ ガブリエーラ。
話題の2人組である。買ってみたCD。
メキシコ出身、スラッシュメタルバンドを組んでいた、アコースティック・ギター・デュオ、
これだけで興味津々、興味津々丸なのである。
今年フジロックにも出演。
あーこんなライブ見てみたいな。
http://jp.youtube.com/watch?v=MSwCRgDCH4w&feature=related

んでもって、明日はメタルナイト@noon屋台。

20080727_5.jpg


http://www.metalnight-osaka.com/
posted by マスター at 04:30| 音楽

2008年07月06日

スチールパン。

夏が来た。梅雨は明けてない。
そんな今日に心地よいスチールパン。
トリニダッド生まれの憎い奴。なんとも涼しげな音色にうっとり。
出来る事ならクーラーなど付けず、窓全開にして汗ばみながらビールでも飲んで
聞きたいものである。
スチールパン奏者のCDがまたもやボタに来た。縁があるのかしら。
LITTLE TEMPOの新作『山と海』に続いて夏CD。

トンチ『すもぐり』
200807060344000.jpg
なんとまあお買い得1500円。
さ、夏の1枚どーでしょか?
posted by マスター at 04:32| 音楽

2008年05月05日

思い出話。

21歳か、そのくらいの時、大阪で借りていた家を出た。
金も無く、保証金も分割で払っていた為友人に丸投げ。
谷町の3LDK。
そして家なき子。
取りあえず実家へ帰り、焼き肉屋のバイトしたり、
スナックで働いたり、クロス貼りのバイトしたり。
お金が出来ては、大阪〜東京〜実家〜大阪〜東南アジア〜東京〜大阪〜なんて言う
ふざけた生活も懐かしく思える。
いつ何処にいたか記憶が曖昧なり。
21の誕生日は、ネパールへ向かう飛行機の中で迎えた。
22の誕生日は、たしかベトナムのホイアンと言う街で迎えた。

そんな家なき子生活は二年程続く。バックパック1つが我が財産。
あとの荷物は、各地域に分散。何が何処にあるのかわからん生活。
うーん、あのお気に入りの赤いジャックパーセルは何処に??
たしか高円寺で買った奴。
最小限の荷物で生活する。本も、CDもお洒落なパンツも無い。
もちろん物欲も無い。無いと言うより有り得ない。
だが、そんな中で買った一枚のCD。
CDウォークマンも無いのに。
あれは、吉祥寺のタワーレコードで買ったんかね?わからん。

LITTLE TEMPO  『RON RIDDIM』
http://www.littletempo.com/

旅の途中に、ひと時の癒し。この年には一枚しかCD買わんかったかも。
今でもボタにてかけている一枚。
そしてLITTLE TEMPOが待望のNEWアルバム『山と海』発売。
ご縁があって、ボタにて販売する事に。
土生さんからも、直接電話をもらい快諾。

あの頃、まさか僕がLITTLE TEMPOのCDを我が店にて販売する事に
なるなんて思いもよらなかったであろう。
と言う事で『山と海』発売中。
良い湯加減のCDだす。

jk_yamatoumi_.jpg
posted by マスター at 05:29| 音楽

2008年04月11日

赤い辛い。

今週末、土曜日カレー屋台。4/12(土)RED HOT vol.1。
@montage 。
http://www.dubmecrazy.com/
にアクセスする。
するとCM的に映像が流れる。
じっと見る。
あ、ボタ。
映像に店のロゴが流れる事、ウレシス。

みなさんお待ちしております。

posted by マスター at 03:56| 音楽

2008年04月01日

週末の事。

cyouchinn1.jpg

先週末からの日記を、今更になって書く。
記憶は曖昧、いやん、毎日パソコンに向かう時間をおくれ。
金曜はまず大阪ダブシーンを詰め込んだコンピレーションCD
『The Higherground Connection』
の、リリースパリー!
長年、FOODとして参加させてもらい、仲良くさせてもらっているイベントなだけに
CDリリースとなると感無量。
彼らによるとボタは『ハイパースパイシースポット』なんて有り難い
名前を頂戴したりもする。
http://www.mop2001.com/dub-i-roots/dub-i-roots.html

これからもこのシーンをボタは応援して行きます!
CD買ってね、みなさん♪。

ここで、イラストを描く事を生業としておる2yang氏に久しぶりに出会い、
大人トーク炸裂。氏曰く、『1日延ばしは時の盗人』。
嘘。朝の五時に王将の餃子が食いてーと帰って行ったのであるが
果たして餃子にありつけたのか?
王将の営業時間は一体?

そんなパーチーの次の日、仲良くさせて頂いてるエマーソン北村氏から
一通のメールが、本日、厚生年金会館にて斉藤和義ライブがあるから来ないかね
と、お誘いが。
(エマーソン氏は斉藤和義のバンドのメンバーである)
時間都合がついたので、ライブへ。
うっひょー、満席、大人気。セクシー。こりゃおモテになるわよね。
って、今回で2回目なんだけど。いやー、素晴らしい、酒を誰も飲んでないのに
ビツクリ。ってか酒類を販売しておらず。
たまに、こういった大ホールで見るライブも楽しい物で
エマーソンさんに感謝。

music is like a spice of life
posted by マスター at 22:57| 音楽

2007年11月08日

カレーと音楽。

カレーに関する曲を探すのを一つの楽しみにしている。
前にブログで貼付けた『遠藤賢司』や『筋肉少女帯』
他にもカレーが歌詞に出てくる曲は多数。
そんな中、今日はこの曲を紹介しよう。

あー、カレー食いたい。
http://www.youtube.com/watch?v=jwVslAo8Cz8
posted by マスター at 03:16| 音楽

2007年11月03日

音楽。

ボタと言う店は、カレー屋(カフェ)であるのに
音楽との関係が良好である。
その一つの例がクラブイベントへの出店。僕たちはそれを屋台と呼んでいる。
毎週の様に、どこかのクラブにカレー&チャイを持って行き、
クラブキッズ&クラブシニア達に深夜カレーを提供しておる。
そんな中、先日書いた様に周年パーテーをクラブイベント的に行うのは
自然な流れであって、何をカレー屋、大袈裟にやりやがって等と言われても
へんっ、こちとらほぼ毎週の様にクラブイベントで出店してんだい!
だから、周年パーチーもクラブイベントにするんじゃい!
と、偉そうに言える訳である。

そして今日は去年の周年に出演してもらった『icchie』氏のライブに行って来た。
トロンボーンの音って気持ち良い。ボタのBGMとしても氏のアルバムは心地よい。
で、このイベントを企画しているのは5周年パーチーにてDJしてもらう
TUCCHIE ( SMALL AXE RECORDS )のイベント PARTY TIMEでやんす。

http://www.busrecords.net/icchie/

kingstone_thumb_01.jpg

ほんでもって、明日はボタ屋台。

これまたお世話になっているBUNBUN氏のリリースパーレー。
氏は、5周年パーチーでLIVEしてもらう、1☆狂のドラマー。
詳細http://www.dubmecrazy.com/


24155580_217s.jpg


m_16b1beece898f67bcf8d66690527acad.jpg

画像が悪いのは気のせいです。


カレーと音楽。スパイスと夜。
http://www.youtube.com/watch?v=Tn13xCGAnBw


posted by マスター at 03:31| 音楽

2007年08月17日

悪友。

もう八月も半ばを過ぎ、夏の暑さも手加減無し。
あまりに暑いのでパンツ一丁でパソコンの前に座り
窓を全開にし、扇風機で冷却。
片手に1リットルの紙パックのお茶。
今日はカフェインを摂取し過ぎた為、目が冴えて寝れん。。


少し遅くなったが、悲しい知らせが。

作詞家の阿久悠さんが死去 70歳 今月の1日の事。
知らない人は居ない。
名前は知らずとも、作品は知っている筈。
数々のヒット曲を生んだこのお方、 哀感あふれる演歌からコミカルなポップスまで幅広く手がけた。「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)、「北の宿から」(都はるみ)、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「UFO」(ピンク・レディー)といった日本レコード大賞受賞曲など、生涯に作詞した曲は5千曲に及ぶ。
前に日記で、和田アキ子の『夏の夜のサンバ』を聞きながら、と書いたのだが
この曲も阿久氏。
最近の歌謡曲は良くわからん。

この曲も阿久氏。
http://www.youtube.com/watch?v=9gui-Sg1_xQ


posted by マスター at 02:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽

2007年07月31日

鰻谷の鰻とジャマイカのおじい。

200707301639000.jpg

狂は、今日は鰻の日。
今年も夏を乗り切る為に、斜め向かいにある、『いづもや』さんへ。
鰻を食す。肝吸い付き。
二階に通されて、BGMはエアコンの動くブーーーンと言う音のみ。
客は一人。
こういうのが良い。
座敷に一人鰻を食した。
これで夏も乗り切れる。

ジャマイカでは鰻を食すのか?
世界中で鰻を食す人種はどれくらい居るのか?
たしかベトナム人は食す筈。。


stranger_standing.jpg

ジャマイカのおじいのシンガー、歌い手が大阪はクアトロに来た。
土用の丑の日に。
ストレンジャー・コール。1940 年生まれ。
http://www.rock-a-shacka.com/
仕事を抜け出し、クアトロへ。
登場。鳥肌。
陽気なおじい。ほんとに楽しそうに歌い、踊り、喋る。
元気なおじいは自分が一番楽しんでいる様に見えた。
きっと国に帰って日本の話を嬉しそうに話すのだろう。
『あの島国はクレイジーだったよ。鰻食うんだってよ、おどろいたね。』

はるか遠いジャマイカという島国から届けられる音楽は
ほんとに幸せな緩い、暖かい空気を運んでくる。
夏気分♪

でこのおじいは鰻を食したのか?
posted by マスター at 04:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽