2012年12月20日

10周年。

早いものでボタ10周年を過ぎ、11年目を歩み始めました。
パーティー終了の挨拶もろくに出来ず、10日余りが過ぎました。すみませぬ。
音楽と関わりながらやって来た10年でしたが、其の節目の年のパーティーでいくつかの反省すべき点が
あり、大成功と言えなかったのが残念です。
ユニバースと言う大箱でイベントを作って行く事の難しさを痛感し
これから進むべき道と言っては大袈裟ですが、前に進む為に良い勉強になったかなーと。
何事も丁寧にしっかり紡ぎ上げて行く事が大切だなーと。
それでも沢山のお客さん出演者に楽しかったと声をかけてもらって、あーやって良かったなーと思っております。
また何か企んで遊びたいなと思っております。

カレー屋としての音楽へのアプローチとしては、やり過ぎな感も否めませんが
一件の10坪の長屋のカレー屋がどこまでやれるのかを、これからも実践して行きたいと思っております。
僕らみたいなもんが集まって一応ギリギリ食って行ける場所、仕事として成り立っているのは
ひとえにお客さん達あってこその物だと感謝しております。
そしてまた僕らみたいな店のもんがってのが、もっと増えればなーと思っております。
会社や社会に馴染める人ばかりではないし、僕らが面白いと思う物が商業的に成功するものじゃ無かったりします。
しかし、そこには非常に人間味溢れる豊かな時間や文化があり、時々面倒くさい人や出来事もありますが、
色々引っ括めて面白い場所であり時間だと思います。
そんな場所や時間がもっと増えて行けば良いのになーと。
昨今仕事を巡る状況は決して良いとは言えません。
仕事にがんじがらめになってたり、金の事でストレス抱えたり、果ては日本の経済の心配までしたり、
んでもって原発反対派は経済が破綻しても良いのか!なんて言われたり。
僕は少しのお金で楽しい時間が多くある人生の方が豊かだと思ってます。
金が解決するんだよって言い分もわかります。
日本の老後なんて金で買わないと生きて行けないし、病気しても子供が産まれても金。
それで救われる命と失われる命と。バランスを持って生きて行けないものかと。
経済成長なんか掲げてる時代遅れの世界に吐き気を催しつつ、ボタみたいな店でも生きて行ける、
皆、楽しむ事が出来る場所、でっかく言えば社会を作って行きたいなと。
僕らみたいなもんが僕らみたいなスタンスで生きて行くって事は非常に難しい現状で
僕らが阿呆みたいにパーティーやったり、遊びに行ったり、自分の好きな仕事を楽しめてる事を
一粒の可能性として希望をもって見て貰えたら幸いです。

音楽は人生のスパイスだ。
この10年で出会えた音楽に感謝。
人に感謝。



11年目のボタも宜しくお願いします。

(ここまでの文章を書くのに、二階堂和美さん、エビスビーツがBGM)

そしてパーティーの写真が届いてます。
随分前に…。
(POLIPPIE BOYZがBGM)
一部雰囲気が伝わればと貼付け↓

_DSC4554.jpg

_DSC4332.jpg

_DSC5279.jpg

_DSC5367.jpg

_DSC5544.jpg

アフターパーティーの午前4時の背中。

_DSC5738.jpg

(VIDEOTAPEMUSICにBGMが変わった所で更新終了)




posted by マスター at 18:06| GARAM MASARA