2009年07月26日

フランク。

彼と出会ったのはいつだったっけな?
ノラクロを不細工にした様なこのキャラに魅せられて、京都出町柳の何とかってギャラリーに1人で行ったな〜。
あるカフェでフィギアをガチャガチャで売ってた時、大人買いもしたな〜。
そうそう、某バンドのトロンボーン奏者の兄ちゃんと話が盛り上がったっけ。クククッ。
プッシュポウのTシャツ欲しいな〜。いや、マンホッグだっけな?の方が良いな。
ビル・フリーゼルってミュージシャン知ったのも、これきっかけか。
ジム・ウードリング。フランクの産みの親。あのカラフルで奇妙な世界の住人。
子供の頃、空想した世界を今も尚、散策し続け見たことない世界を僕らに教えてくれる。
彼の作品はある狂気がちりばめられ、ポップなキャラクターで緩和しつつ不条理な世界を形成する。ま、リアルな社会も大差無いか?
そのフランクに以外な所で出会い購入。

2009071922430000.jpg

直筆サイン入りブックマーク付き(笑)

2009071922450000.jpg

以外な所ってのは、ニュートーンレコードと言うレコード屋で、ボタ的にもお世話になっておりナイスなBGMを提供して貰っており、足を向けて寝れません。ナンツッテ。
ここは自分の範囲外のBGMを買わされる貴重な場所。買わされると言うのが多少乱暴な言い方かも知れないが、前向きな意味で買わされる。
例えばこの情報社会、ネットや雑誌等で自分の引き出しは幾らでも掘り下げれる。が、しかし、とんでもないものを発見する事は少ないだろう。
しかし買わされる事により無理やり引き出しを増やされ、そこから何か恐ろしい物を見つける事もある。
自分が知ってる事なんてちっぽけな物であるのに関わらず、ふんぞり返って偉そうにしている大人は愚。
また知っている事で頭でっかちになっている大人も愚。
人を通して知らないものを吸収すると言う事。年を取るとともに難しく凝り固まった思想、趣味。
色んなものに固執、執着しおもんない大人になってないだろうか?
信頼出来る人から得る貴重な、そしてくだらない情報、物。それらを楽しめる大人ってのが良。
最近、何か買わされましたか?(笑)

posted by マスター at 02:40| ヒーロー