2011年07月20日

有機野菜。

アララギにて始まる有機野菜市。
neco眠るのメンバーでもあり、DJとしても活躍しているBIOMANが農業に取り組んでいる。奈良で。
そのBIOMANが大阪でも野菜行商をしたいとの情報をキャッチしたボタは、アララギの定休日を利用し
早速共同主催で『第1回 BIOMANの道のよこ』を開く事に。
道の駅では無く、道のよこ。
準備期間が短かったせいもあり、十分な告知が出来ていないが、取り敢えず始めてみる。
大層にコネクリ回したイベントにするより、継続性に重点を置き、有機野菜を普通のスタンスで売り続けたい。
時間は掛かるかもわからないが、月に一回のイベントではなく、日常を。
昨今の無農薬や有機野菜はちと敷居が高くなっているのでは?と感じるし、また変にブランド化しておる気もする。
そこで僕らみたいなもんが、有機野菜を押し付けではなく、普通に売る事で日常としての選択肢になればなと。

そして最近良く考える事の1つで『顔の見える消費』がある。
ちゃんと見えるお金の使い方。好きな人、好きな店にお金を使う。
自分達の好きな人や場所は自分達で守ると言う事に繋がる。お金に気持ちをそえる。
このお金がどこの誰に回っているかを、今より少しだけ考えて使いその輪が広がれば、お金にそう縛られる事も無くなるのでは?
そういう思いもあって、有機野菜市を開く事に。
そしてタイムリーな記事を目にした。
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION) が立ち上げた新聞のいとうせいこう氏の記事。
http://www.thefuturetimes.jp/
『分散』についての記事の中で地産地消について触れている。
これからの生き方として、分散する事に未来があるのと思う記事だった。
やはり中央で一部の人間が力を握るのは非効率だと言う事。
僕らは身近な所で社会を作って行く。生き方を考える。お金について考える。
必要最低限のお金と沢山の時間があればきっと幸せなんだろうなと。

という訳で、『第1回 BIOMANの道のよこ』は7月26日(火)。
※アララギの定休日を利用してでの営業です。通常メニューとは異なります。
時間:11時〜20時まで。
野菜の売れ行きによっては早く閉める事もあります。悪しからず。

写真 5.JPG

7月25日はボタ市。まだまだ出品者募集中です。
7月29日は第二回『佐ん吉とカレーライス』
8月6日は『on the beach vol.3』

大忙し。



posted by マスター at 23:49| アララギ